同窓会について

会長挨拶

 令和元年10月20日に行われた総会において、会員の皆様の承認をいただき、さくら会会長に就任いたしました瀬戸清華です。
 さくら会の会員は令和2年3月卒業の17期生を含めると約1400名となり、開学から20年の年月の重みと、つながれてきた「石川県立看護大学が大事にする看護」の歴史を感じます。同時に、会長の役をどのように全うしていくか責任を感じています。
 さくら会は今、新しい風を流れよく吹かせ、活動の中に取り入れることを意識しています。子育て世代にあったり、職場でのキャリアアップに努めていたりと各々の多忙な状況を認識しつつ、会員同士はもとより、私たちを育ててくれた大学、地域のために一人ひとりのもてる力を発揮したいと思える組織にすることを課題としています。そのために、年代を問わずして顔を合わせて日々の看護を語り、目の前の看護の対象に向けた小さな努力や大きな成果を、会員間や在学生、まだまだパワフルな先生方とともに共有できる場をもつことができれば面白いのではないでしょうか。現代に求められている看護と同じく、在学中から卒後、キャリアの確立まで切れ目のない支援や活動を会員に届けられるよう、単科大学の同窓会としての強みを活かしながら、活動内容の精選と充実に努めていきたいと考えています。
 会員の皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。
    
                                      瀬戸清華(2期卒)

第6代さくら会役員(任期2年)

会長   瀬戸清華 (2期)
副会長  今方裕子 (5期) 
     与畑拓哉 (15期) 
会計   瀧澤理穂 (8期) 
     寺井梨恵子(1期) 
広報   吉田厚子 (2期) 
     舟田眞美 (3期) 
     西村未来 (9期) 
庶務   渡辺達也 (9期)
     宮本菜々恵(5期)
     前田野衣 (15期)
会計監査 井上みなみ(4期)
     小村末来 (9期) 

同窓会概要

さくら会は、石川県立看護大学看護学部看護学科卒業者を正会員とし、会員相互の親睦をはかり、会員の社会的発展に資し、併せて本大学の発展に寄与することを目的に設立されました。

主な事業として

1. 会報誌「さくら」の発行、会員名簿の管理、その他印刷物の発行
会報誌「さくら」は年に1~2回発行し、母校や同窓生の近況を伝えたり、さくら会の活動内容を掲載しています。

2. 在学生支援ワーキンググループ
学生の進路支援事業とし、在学生支援ワーキンググループ(副会長、会長)があります。同窓生を講師に招き、学習方法・進路決定の支援、看護技術演習のサポート等を行っています。

3. 役員会開催

4. 総会、懇親会の開催
さくら会の運営、収支決算報告を行っています。総会の後、恩師を招き懇親会を行っています。

さくら会事務局
石川県公立大学法人 石川県立看護大学内
石川県かほく市学園台1丁目1番地
会長:瀬戸清華

組織図

[組織図]

沿革

2004年3月 第1期生卒業
2006年8月 第1回同窓会総会(設立総会)開催
初代同窓会役員就任(初代会長、河合美佳)
2007年5月 同窓会ホームページ開設
2007年9月 第2代 同窓会役員就任(会長、南堀直之)
2008年6月 会報誌「さくら」発行開始
2009年6月 会報誌「さくら」リニューアル発行
2010年9月 第3代 同窓会役員就任(会長、池田沙矢香)
2011年9月 同窓会ホームページリニューアル開設
2011年10月 さくら会設立5周年記念行事、第1回ホームカミングデイ開催
2013年10月 第4代 同窓会役員就任(会長、寺井梨恵子)
2015年10月 第5代同窓会役員就任(会長、田淵知世)
2017年2月 同窓会ホームページリニューアル開設
2019年10月 第6代同窓会役員就任(会長、瀬戸清華)